日常で感じた疑問や感動を、ボクなりに解釈していきます。

ボクのハナシ

生活

【最強】靴を消臭するなら手作りリステリンスプレーがコスパよし

この記事はこんな人に向けて書いています。

俺の靴臭すぎ…。靴を履いたら、靴下まで匂ってくるし、家族にもイヤミを言われる…。手ごろな消臭スプレーってあるの?

どうも!アラサー会社員のホシノです!

スーツや制服などいつも同じような服装で仕事をしていると、気になるのが「靴の匂い」です。

あまりにキツイ匂いだと、妻や子供に嫌われてしまうことも…。

僕は普段病院で働いているのですが、同じ靴をずーっと履いています。

つまり一日8~9時間×週5=40時間以上も、ユニフォームの靴を履いているため、半年も経てば激臭シューズが完成するのです。

とはいえ、消臭スプレーを買うのは面倒なのは言うまでもありません。

靴の匂いを消すために、わざわざamazonで消臭スプレーをポチるのはダルすぎます。

面倒くさがりの人にとっては、結局スプレーを使い切らずに捨ててしまう人は多いことでしょう。

そこで僕が普段行っている最強の消臭スプレーを今回ご紹介します。

この記事でわかること

  • 靴の匂いの最短最短で消す方法
  • リステリンを使った消臭スプレーが最強という話
  • 重曹スプレーよりも、なぜリステリンスプレーが効果的なのか。

いつまでも靴の匂いを悩んでいては時間の無駄になるだけ。

職場の同僚や友達にも「なんか○○さんって匂わない?」と後ろ指を差される前に、匂いのマナー対策をしましょう。

靴を消臭するなら手作りリステリンスプレーがコスパよし

結論から言えば、リステリンを使った消臭スプレーが最強です。

リステリンは歯磨き後に除去できない雑菌や、歯石汚れを落とすものです。

虫歯予防や、歯周病ケアとして使っている人も多いでしょう。

このリステリンをスプレー状にして、靴に吹き掛けるとあら不思議。

マジで靴の臭いニオイが消えます。

元々靴の臭いは、雑菌やバクテリアが原因です。

長時間が靴を履いていると、靴の中が蒸れて、雑菌が繁殖しやすい環境になります。

さらに足の汗や皮脂を餌にして、雑菌の排泄物だらけになるのです。

一般的に靴の臭いを抑えるためには、靴の中を乾燥させることが大切と言われてます。

そのため乾燥剤やシリカゲルを入れて、臭い予防をしている人もいます。

靴のソールがボロボロになる加水分解や、スニーカーの劣化予防としても乾燥剤は有効なのですが、あまりに強い臭いになってしまうと、乾燥剤だけでは今ひとつ…。

消臭作用+殺菌効果のあるリステリンを使って、消臭スプレーを作りましょう。

リステリンスプレーの作り方とは。1分で作れます。

リステリンの消臭スプレーの作り方を説明します。

ステップ1.ボトルとリステリン、水を用意する

スプレーボトルは100均のものでOK。

キッチンコーナーになければ、園芸コーナー(野菜や花壇など)にボトルがあることが多いです。

リステリンはいくつか試しましたが、青色のクールミントがオススメです。

薬局で買うよりも、amazonだとおまけボトルもついてくるので、安上がりに済みます。

ステップ2.混ぜる

分量はリステリンと、水を1:1。

これで混ぜるだけで、完成です。1分で完成させることができますよ。

後は靴底や、靴全体にシュッシュッと吹きかけましょう。

リステリンスプレーのデメリットは足がスースーすること!

リステリンスプレーを使うと、靴の臭いがかなり抑えられます。

その反面、靴を履いたときに足がスースーしてしまうことも…。

特に素足で履くサンダルに使うと、その効果を実感できます。

僕はこのスースーした清涼感が好きなのですが、人によっては痛いと思うかもしれません。

その場合、リステリンと水の比率を、水多めにしてください。

臭いがキツイからと言って、リステリンを多めに入れてしまうと、靴を履いているときに、足の指が痛くなることもありますよ。

僕は過去にリステリンだけを直接サンダルにスプレーしたことがありました。

そのときは履き終わった後に、足がヒリヒリして大変でした 笑

夏場の暑い時期にやると、清涼感があってむしろ気持ち良いかもしれません。

手作り消臭スプレーのメリットとは

リステリンスプレー最大のメリットは、コスパが高いということです。

たとえリステリンが余ったとしても、そのまま口臭対策、虫歯予防として代用することができます。

amazon限定のリステリンを購入すれば、800円程度で2Lの消臭スプレーができるので、コスパも高いと言えるでしょう。

でも重曹を使った消臭スプレーも良いって聞くよ?

と疑問を持つ方もいるかもしれませんが、個人的には重曹スプレーはあまりオススメしません。

新品の靴にニオイ対策として重曹スプレーを使うのは、効果があるかもしれません。

しかし既に激臭発生器と化した靴に重曹スプレーは効果は今ひとつ…。焼け石に水です。

僕も過去に重曹スプレーを使ったことがありますが、結局使いきらずに捨ててしまったことがありました。

重曹はシンクや洗濯機の掃除として使う主婦もいますが、ズボラの僕にとっては、あまり必要性を感じませんでした。

リステリンスプレーは、ボトルを用意することだけが面倒ですが、一度作ってしまえば長い期間使うことができますよ。

まとめ:靴を消臭したいならリステリンを使おう。

この記事をおさらいすると以下の通りです。

まとめ

  • 靴の臭いは、雑菌やバクテリアの繁殖が原因
  • リステリンは殺菌作用や消臭効果も高いから、靴にも使えるよ
  • リステリンスプレーは、水と1:1で混ぜてね
  • 重曹スプレーはリステリンよりも安上がり
  • だけど激臭になった靴には、効果はいまいちだよ(経験談)

「ボトルを用意するのが面倒」
「水と混ぜる?なんかダルイ…」

といった方には、市販の消臭スプレーが合っているかもしれません。

抗菌作用のある無香料のスプレーもあるため、「リステリンのニオイが靴につきそう!」と心配な方には、無香タイプがオススメです。

created by Rinker
Dr.Scholl(ドクターショール)
¥760 (2020/10/17 02:33:22時点 Amazon調べ-詳細)

ぜひリステリンスプレーを使って、靴の臭いとオサラバしましょう。

経験談ですが、臭いのない靴を履いていると、足の臭いもある程度抑えられる気がします。

amazonだとおまけボトルがついているので、まずはおまけを使った消臭スプレーを作ってみましょう。

-生活

Copyright© ボクのハナシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.