日常で感じた疑問や感動を、ボクなりに解釈していきます。

ボクのハナシ

テレビ

キリン生茶のCMのギター演奏者は誰?曲名は?

こんにちは、ホシノです。

 

最近、春の嵐なのか、不安定な天気が続いていますが、ここ数日は良い天気で気持ち良いですよね。

 

3月も後半に差し掛かり、もうすっかり春ですよね~、ニュースでも天気と併せて、開花予報について連日発表しています。

 

テレビでも春を扱った番組を行っていますが、今日はお話するのは、テレビと春のお話。

 

昨日、テレビをぼんやり見ていたら、生茶のCMがやっていました。

 

こんなCMです。

 

女優の波瑠さんが出演されていますが、生茶のCMの中でも、「春の散歩」篇というそうです。

 

春と波瑠(はる)をかけたんでしょうね!春の中で波瑠が散歩する、という設定なのかな、と予想しています。

 

他にも、高橋一生さんの「朝」篇や

 

同じく、高橋さんがカッコよく料理をする、「料理」篇があります。

 

どれも生茶のCMなのですが、特徴的なのが音楽です。

 

ギター一本で演奏されたBGMは、とてもシンプルなんですけど、引き込まれるものがあります。

 

なんとなくテレビを見ていたんですけど、なんかカッコいい音楽が聞こえる!って思ったら、生茶のCMでした 笑

 

一体なんていう曲で、誰の曲なんだろう?

 

と思ったのですが、今回は、このキリン生茶のCMの曲についてまとめてみました。

 

同じように、このギターの音色に魅了された人にとって、参考になればと思います(*‘∀‘)

 

キリン生茶のCMのギター演奏者は誰なの?

いきなり本題に入りますが、ギターの演奏者、作曲者はカーキ・キング(kaki・king)さんという方です。

 

 

 

アメリカ出身のアーティストですが、最近では人気に火がつき、またギターのスキル、演奏技術も評価されて、世界中で活躍されているギタリストです。

 

今回のCMのように、アコースティックギターを使った曲が多いですが、曲によっては、エレキギターを使った曲や、バンドテイストの曲もあります。

 

中性的な顔立ちですが、女性なんです。「The New Guitar Gods」というすごいギタリストを選ぶランキングで、最年少で、しかも唯一の女性として選ばれたこともあります

 

ボクもカーキキングさんは知らなかったですけど、いろいろ曲を聞いてみると、めっちゃカッコイイ曲が多いんですよね、くそカッコいい曲ばかりです。

 

特に印象に残った曲がコレです。

めっちゃカッコいいやん!なにこれ!!!

 

カッコいいとしか言えなくて、自分のボキャブラリーのなさで魅力的に表現できないのですが、とにかくカッコいい!

 

曲のタイトルが「No True Masterpiece Will Ever Be Complete」と名前からは想像できない凄みがあります。

 

他にも「bone chaos in the castle」という曲が、弦の弾き方で繊細で、釘付けになりました。

 

生茶CMの作曲はカーキ・キングさんが担当しているようですが、曲名は、CMのために作った「オリジナル曲」のようです。

 

そのため、明確な曲名もなく、現在のところ、CD化、音源化という見込みも立っていないですね~。

 

ネット上ではこんな意見がありました。

ツイッターでキリン生茶のCMについて口コミや、感想を集めてみると、こんな意見が…。

 

 

 

そうなんです!出だしの音がカッコいいんですよね。

 

高音から出だしが始まって、そこから徐々にボリュームが上がっていく感じがカッコいいんですよね。

 

15秒、30秒といった短いCMですけど、もっと聞きたいなー!って思ってしまう音色ですよね!

 

奇跡のシンフォニーは、今から10年くらい前(正確には2007年)に公開された映画で、音楽に目覚める少年を描いた映画なんです。

 

この映画の中で、少年が引くギターシーンがカッコいいんです。また少年のギターの音色に引き寄せられて、周囲の観客が集まっていくシーンも感動的なんですよ!

 

曲の雰囲気はどことなく、今回のCMと似ています。

 

実は、この映画の少年のギターシーンですが、似てるもなにも、実際に演奏しているのは、上記のカーキ・キングさんなんです。

 

彼女が演奏した音楽を、少年が引いているように見せていて、また少年がギターを弾く手さばきも、彼女が演奏している映像のようです。

 

 

 

押尾コータローさんもアコギアーティストとして人気がありますよね。

 

最近では、三菱電機の「DIATONE SOUND. NAVI」というカーナビのCMでも、押尾さんの曲が起用されていました。

 

弦を弾く指さばきがカッコよくて、曲の雰囲気も爽やかですよね(*‘∀‘)

 

押尾さんの年齢が50歳というところも驚きです('A`)

 

余談になりますが、ボクの好きなアーティストに、Rodrigo y Gabriela(ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ)というメキシコ出身の2人組のアーティストがいます。

 

男性と女性の2人からなる、アコギのアーティストなんですけど、彼らの音楽も、生茶のCMの音楽に近いなーって思いました。

 

カーキキングさんの曲とは、また違う凄みがあって、疾走感がある曲が多いのが特徴ですね。

 

ボクが、生茶のCMを見た時は、なんとなくロドリーゴっぽい、という印象を持ちました。

 

ロドリーゴ・イ・ガブリエーラの曲だと、コレがボクは好きですね。

 

どこか民族的な雰囲気がクセになりますよね。スラム奏法(ギターのボディを叩く演奏方法)が際立っています。

 

アコギのアーティストっていろいろいますけど、どの人もカッコいいんですよ!

 

エレキギタリストの「ぎゅいぃぃーん!!」ってやつ演奏も素敵なんですけど、アコギギタリストは、どこか神秘的な感じがあります(どっちが良いとか、悪いとか、優劣を決めているわけではないです)

 

まとめ

さて、今回は、キリン生茶CMのギター演奏者についてまとめてみました。

 

後半は若干、ボクの好きなアーティスト紹介も混じってしまいましたが、15~30秒の短いCMの中でも、すごいアーティストさんが作曲、演奏していることがわかりました。

 

CMオリジナル曲って良い曲が多いので、今回の生茶の曲も、ちゃんとした曲の長さで書き下ろして、音源化してくれないかな~、と思ってしまいます(^^;

 

みなさんも、好きなアコギアーティストがいたら、教えてくださいね~。それでは、今回はこのへんで!ほなまたね!

 

-テレビ

Copyright© ボクのハナシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.