日常で感じた疑問や感動を、ボクなりに解釈していきます。

ボクのハナシ

映画

映画リメンバーミーは子供でも飽きずに見れる?4歳5歳にオススメしたい理由。

こんにちは、ホシノです。

 

この間、仕事の休みを使って、映画リメンバーミーを見てきました。

 

(画像引用:https://www.youtube.com/watch?time_continue=54&v=dmJOJIyBNTc)

 

テレビのCMを見て、なんとなくおもしろそうだな~と、ぼんやり見ていていたのですが、くそおもしろかったです。

 

流石、ピクサー!トイストーリー制作陣やね!

 

といった感じでした。

 

トイストーリーは、大人も泣ける涙腺崩壊の映画なのですが(特に3)、このスタッフが作った映画ということもあって、見る前からかなり期待していました。

 

リメンバーミーを実際に見た感想としては、音楽を題材にした映画ってやっぱりおもしろいなーと実感しました!

 

ディズニー映画では、挿入歌として度々音楽が流れますよね。

 

アナと雪の女王では、「Let It Go」が流れましたが、アナ雪は、姉妹の衝突であったり、成長を描いている物語であって、別に音楽をテーマにしているわけではないんです。

 

でもリメンバーミーは、元々、主人公が「ギター少年」ということもあって、テーマの1つに、「音楽」を取り入れているんですよ~!

 

ボクが小さい頃に見た映画で、感動した映画に「天使にラブソングを」という素敵な映画もあるのですが、これも「音楽」をテーマにした映画です。

 

やっぱり「歌」とか「音楽」の映画は、大人や子供関係なく楽しめて、純粋に素敵な映画が多いなー、と子供ながら思っていました(^^;

 

とまぁ、ここまでが、映画リメンバーミーを見た、ボクの意見、感想です。

 

ボクも28歳の大人ですし、いろいろ経験してきましたが、子供が見た場合、どうなの?って思います。

 

例えば、キャラクターにたくさんガイコツが出てくるのですが、4歳、5歳が見たら、怖がらないかな?とも思ってしまいました。

 

ピクサー映画だから大丈夫だろう。

 

と思う人もいるようですが、子供を連れて映画を見る親の気持ちを考えると、ちょっと考えてしまいますよね。

 

映画館で子供が泣いてしまったら、親としてはちょっと大変ですよね。

 

また、「音楽映画は素晴らしい」と言うボクですが、小さい子供にとっては、その魅力がわからず、途中で飽きてしまうかも…とも思います。

 

ネット上でも同じように悩むママや親がいるようです。

 

今回は、映画リメンバーミーは子供でも飽きずに見れる?というテーマでお話します。

 

※リメンバーミーについての記事ですが、ネタバレ等は含んでいないので、まだ見ていない方は安心してくださいね。

 

リメンバーミーを子供にオススメしたい3つの理由!

 

結論から良いますが、飽きずに見れるかどうか、というと、「飽きずに、泣かずに、楽しく見れる」と思います。

 

実際にボクが見た感想を踏まえて、特に子供にオススメしたいという理由を3つお話します。

 

オススメ理由①キュートなガイコツがたくさん出てくる。

(画像引用:https://www.youtube.com/watch?time_continue=78&v=-9b9jireyKQ)

 

ガイコツにキュートなんて言葉、初めて使いましたが、言葉通りに可愛らしいガイコツがたくさん出てきます。

 

なんとなくガイコツ=怖い、というイメージがありますが、流石ピクサー映画。

 

かなりデフォルメして、可愛く仕上がっています!

 

実は大人が見たた場合、ガイコツのやり取りや、ストーリーから、メキシコの死生観であったり、宗教観を感じることができ、かなり奥が深い映画なんですよ~!

 

でも、子供から見ると、「カワイイ」とか「カラフル」といった感想をまず持つと思います。

 

特に、主人公が「死者の国」に入った時のシーン。

 

(画像引用:https://www.youtube.com/watch?time_continue=78&v=-9b9jireyKQ)

 

死者の国らしからぬ、華やかさ、煌びやかさなのですが、これも子供心をくすぐるシーンだな、と思いました。

 

ボクが小さい頃、男でしたが、キラキラするものとかすごい好きだったんですよ。光るものとか、華やかなもの、っていうのは、子供からすると絶対釘付けになる要素だと思います。

 

例えば、夏にやる花火もキラキラしているし、華やかですよね。花火が嫌いな子供ってまずいないと思うんですよ!

 

オススメ理由②ストーリーテンポが良い。

(画像引用:https://www.youtube.com/watch?time_continue=78&v=-9b9jireyKQ)

 

話の流れやテンポが良く、内容がわかりやすい、というのも特徴です。

 

ストーリーの展開が間延びしなく、またユーモアのあるシーンも良いですね!

 

ボクが劇場で見た時は、近くにいた5~6歳の男の子が笑いながら見ていました。

 

大人からすると、なんてことないシーンでも、小さい子でも、楽しく見れるようです。

 

ボクもなんでも楽しめる子供心を持ちたいですね。。。

 

細かい話の流れがわからなかったり、言っていることがわからなくても、登場人物の表情から、「あ、こいつ今困っているんだな~」と、表情や身振り手振りからも、感じやすいです。

 

ストーリー後半に、ピンチな場面になってからは、ドキドキしっぱなしで、序盤からずっとワクワク楽しめる構成なんですよ。

 

感情移入しやすい子供にとっては、後半のストーリー展開は結構ハラハラするんじゃないかなーって思います。

 

オススメ理由③ハッピーエンドで終わる!

終わり良ければ全て良し、というか、結末もハッピーで終わり、見終わった感じが気持ち良いです。

 

退屈な映画だと、

 

やっと終わったわ。。。尻痛いわ。。。

 

となることがありますが、見終わった感じの余韻が気持ち良いです(まぁ、ディズニー映画でバッドエンドなんてまずないですが…)

 

歌も印象に残り、子供ならなおさら、口ずさんでしまう歌なんじゃないかなーって思います。キャッチ―なメロディなんですよ。

 

アナと雪の女王が「Let it go」で話題になりましたが、それよりもポップなメロディです!

 

エンドソングの一部になりますが、途中からテンポが変わり、ポップになるところが良いんです!

 

エンディングをぼんやり見ていて、テンポが速くなったところで、おおっ!ってなりました(笑)

 

Let it goより、こういった明るい曲やスピード感のある音楽の方が、子供は楽しめるんじゃないかな~って思います(もちろん好みはありますよ!)

 

なんにせよ、「音楽」をテーマにしている映画なので、挿入歌含めて、音楽シーンでは、引き込まれるものがありますね。

 

まとめ

ボクが映画館で見た時は、ぱっと見て、7,8人くらいの子供(4~6歳)の子供がいました。

 

特に泣き出したりするようなこともなく、落ち着いて見れていたと思います。

 

小さい子供からすると、100分の間、じっと座って、映画を見続ける、というのはしんどいし、退屈な場面も来るかもしれませんが、リメンバーミーでは、「映像の美しさ」と「音楽の楽しさ」という部分で補っています。

 

特に映像に関しては、めっちゃキレイで、月並みな意見しか言えませんが、めちゃくちゃ感動しました。

 

「音楽」をテーマにした映画、と書きましたが、この映画は「音楽」と「家族愛」がテーマなんです。

 

「家族の繋がり」に関しては、大人が見ても感動する映画であり、子供を持つ親なら、なおさら感じるものが多いんじゃないかな~って思います。

 

気になる人は劇場へどうぞ!それでは、今回はこのへんで!ほなまたね!

-映画

Copyright© ボクのハナシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.